Profile

CFO 副代表 ファンドレイジング部長

松野 貴典

TAKANORI

MATSUNO

大学1年生の時に訪れたネパールで、子どもたちが毎日往復1時間半かけて水を汲みに行かなければならない村に出会う。

帰国後クラウドファンディングによる資金調達を成功させ、その村に水道を建設。その後、移植医療の認知を拡大するための音楽フェスの開催などの社会貢献活動や、ソーシャルマーケティングやビジネスの勉強などをしている最中、DREAM-Hack 立ち上げの誘いを受け参画。専念するべく大学3年終了時から休学中。

誕生日

1997/12/10

出身

大阪

特技or趣味

読書、勉強、釣り

座右の銘

今日を築き上げる中で愛を忘れること勿れ

好きな色

Interview

Q. DREAM-Hackに入った理由

代表の描くビジョンと自分の描くビジョンに大きな重なりを感じ、共に創り上げたいと思ったから。

Q. DREAM-Hackを通じての目標

自らの人生を通して どんな小さな愛でも誰もが安心して発揮できる社会の構築に寄与したいと考えていて、DREAM-Hackもそんな社会のひとつのパーツにしたい。

Q. DREAM-Hackを一言で表すと?

夢を描きたい・育てたい人たちのサポーター。

Q. 将来の夢

大切な人たちが毎日幸せに過ごすこと、それ自体に喜びを感じながら生きること。

Q. メッセージ

多くの人は自分を相対化して、無意識に判断軸を自分の外に置いてしまいます。判断軸を自分の中に取り戻して行動するのは勇気がいるし困難も多いけれど、一度きりの人生自分の感じるままに生きてほしいし、大切にしたいものを大切にしてほしい。それができるように、DREAM- Hackはそんな人の一歩を環境面・精神面から応援します。

Favorite

家族への愛、パートナーへの愛、友達への愛、見知らぬ人への愛、モノへの愛、生き物への愛、地球への愛、そして自分への愛。

ひとり旅、恋人との旅行、友達との旅行、家族との旅行。

ビール

サッポロ、アサヒ、サントリー、エビス、キリン。人生はビール。(笑)