ソーシャルビジネスエリア/BIKAS COFFEE スタッフ

高作 圭汰

TAKASAKU

KEITA

2018年4月近畿大学農学部水産学科に入学。大学生になり、私たちが暮らす地球上のさまざまな様子や文化を自分の目で見たいと思い、長期休みを使いさまざまな国を巡る。その中で、以前から漠然と興味を持っていた“国際協力”に自分も関わりたいと思い、DHのいくつかのプログラムに参加。そこで理念や居心地の良さに惚れ興味を持ち、入会を決意する。他にもカナダ・バンクーバーへの1ヶ月間の留学、国際協力団体IROHAや関西タイサポーターズのメンバーとしても活躍。

誕生日

1999/9/1

出身

沖縄県

特技or趣味

音楽を聴くこと・写真を撮ること・海外に行くこと

座右の銘

“one of them に成り下がるな”

好きな色

ライトグリーン・マリンブルー・ブラウン

Interview

Q. DREAM-Hackに入った理由

初めてDREAM-CAMPに参加した時に自分の求めていた場所はここだと感じ、それから数回プログラムに参加し、気持ちが揺るがなくむしろ強くなっていったことから参加を決意した。

Q. DREAM-Hackを通じての目標

自分の本当に興味のある分野である国際協力に本気で取り組み、世界とつながる。

Q. DREAM-Hackを一言で表すと?

可能性

Q. 将来の夢

国際問題に取り組み少しでも寄与すること。

Q. メッセージ

Let’s take an action! 今の自分にできること・やりたいことに積極的に挑戦していきましょう!

Favorite

海は私たちが住んでいる地球の70%を占め、世界中を繋げてくれて、たくさんの資源を与えてくれます。私たち人間や動植物が毎日を暮らしていけるのもこの広大な海のおかげです。

休みを利用し旅をすることで、普段の生活では見ることのできない・体験することのできない様々な見方や考え方を得ることができます。今の自分における1番の活力となっているのがこの“旅”です。

共存

地球上には様々な人種・宗教・国家・文化が存在します。また動植物や、森林・都市・海・山・気候・大地などの環境も存在します。これらがお互いを思いやり共存することがこの星で生きる唯一の方法だと考えます。