【派遣レポート】DREAM-CARAVAN 2018 SUMMER_day2 2018/8/18①

【派遣レポート】DREAM-CARAVAN 2018 SUMMER_day2 2018/8/18①

2日目の朝。今日からの活動を後押しするほどの晴天に恵まれた。
ネパールでは雨季と乾季の2シーズンしかなく、今は雨季の終わりである。

昨日夜雨が降ったせいか、ホテルの屋上では少し地面がぬれていた。

首都カトマンズの景色を一望できるホテルの屋上で朝ご飯を食べ、朝10時に出発。

 

この日は、DREAM-Hackの「夢を応援する」根幹を作った学生・ビカスに会う日。
代表が学生時代にホームステイでお世話になり、それを皮切りに彼の夢が「日本に行くこと」に変わった人物である。
彼は一生懸命勉強して、山間部の学校から首都カトマンズの大学を卒業し、この冬日本に来ることが決まっている。

 

2年ぶりの再会だ。ドキドキしながら再開した、ビカスは出会った頃と何も変わらないウェルカムをしてくれた。
彼には地元の若者がよく行く寺院やデートスポット、彼が卒業した大学を案内してくれ、さらには兄・プロカスと住む家にまで招待してもらった。

 

部屋は5畳ぐらいだろうか?もちろん机やテレビもない。
バス・トイレ・キッチン付きで家賃は月7000円とのこと。
日本では考えられない値段だ。

そんな節約をして過ごしている彼の夢を叶えるために必要なことは何か知りたい。
DREAM-Hackとして何か手助けできることはないか、、、いくつか質問をしてみた。

 

(まだ夢は日本に行くこと?)
もちろん、僕の夢は日本に行くこと。僕は君に出会った時から今まで必死に勉強したんだ。

 

(日本で何をしたい?)
ITの勉強をして、将来コンピュータープログラマーになるんだ。
そのためには、まず日本語の学校で言語を学びながらバイトをして生活費をためる。

 

(大学、親からのサポートはあるの?)
親は貧しいからもちろんお金はない。大学もお金の支援はなく、ただ場所の紹介をしてくれるだけ。

 

(費用はどれくらいかかるの?)
学費だけで150万円。お金がないから本当は12月に行きたいけど、いけない可能性もある。

150万円。
ネパールの平均年収は60万円(5万/月)。

日本の平均年収420万に比べると約7倍と考えたときに、日本の感覚値で留学させるのに1050万かかる。
我々の立場からして、果たして約1000万を費やして息子を海外に留学させて出稼ぎさせることはできるだろうか?

 

現地の人だけで解決できないことを、我々がどこまで介入すべきか。

ただDREAM-Hackという団体である以上、ビカスの夢を応援したい。
そんな彼が今年の冬、日本に来くることができるよう、何かしらの形でのバックアップを考えていこうと思う。

 

▼もっと写真を見る
http://bit.ly/2DcwTEl

39454500_275723876365279_8023100429069975552_n